豊胸術の種類

豊胸術を受けてみようと思った時に一番心配な点は、まず「胸に何を入れて大きくするのか」、そして「安全面は大丈夫なのか」ということではないでしょうか。このサイトでは、いくつかの豊胸術の種類と施術法をご紹介いたします。それぞれの特徴を知り、比較検討してみましょう。

まず、人工乳房と言われる、生理食塩水もしくはシリコンでできたバッグを挿入する方法があります。生理食塩水バッグの特徴は、安全性の高さです。生理食塩水は人体に無害のため、万が一破損しても体内に吸収され、尿として排出されます。その場合は胸の大きさが元に戻ってしまいます。シリコンバッグは生理食塩水と比べて、柔らかく自然な胸の感触を感じることができる点が特徴です。使用されるシリコンは、破損しても体内に流れ出る心配がなく、形状を保てるように工夫されているものが多いです。ただ、バックが破損した場合は周辺の組織が石灰化しやすいというリスクもあります。

バスト次に、ヒアルロン酸を注入する豊胸術があります。注射器で挿入するので傷跡が少なく、すぐに仕事などに復帰できます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質なので、安全性にも優れています。ただ、ヒアルロン酸は体内に吸収分解されてしまうため、効果の永続性はありません。

この他に、脂肪注入法という方法があります。気になる部分の脂肪を吸引して胸に移動させるという、体型に悩む女性にとっては嬉しい効果を持つ豊胸術ですが、施術方法や特徴については別のページで解説いたします。

美しく豊満なバストに憧れる方は多いと思いますが、このサイトを参考にして、自分に合った方法を是非見つけていただきたいと思います。