セルーションとは

バストアップとシェイプアップを同時に叶える脂肪注入豊胸術は、多くの女性が憧れを抱く方法ではないかと思いますが、せっかく脂肪を注入したのに一部は体内に吸収されてしまうと聞くと、効果を得られるかどうか不安になりますよね。そんなお悩みの心強い味方になってくれる器械があることをご存知でしょうか。

豊胸術セルーションは、採取した脂肪から「幹細胞」という細胞を取り出して活性化させる医療機器です。美容外科だけではなく様々な医療機関で使用され、信頼性が高いです。このセルーションを脂肪注入豊胸術に使用すると、バストへの脂肪定着率が従来の方法よりも高くなるというデータがあります。

また、手術後にしこりができにくいというメリットもあります。脂肪注入法には、施術の際に不純物が多く含まれる脂肪を注入したり、脂肪が一箇所に偏ってしまったりすると、血流が循環しなくなり、細胞組織が壊死してしこりができるリスクがあります。セルーションを使用すると、幹細胞の活性化によって血流が十分に行き渡るので、組織が壊死することなく、しこりのリスクを最小限に抑えることが可能です。

美容医療の技術は、進歩が速い分野と言われています。クリニックを選ぶ際には、このように先進的な医療機器を導入しているかどうかも判断のポイントになります。安全性を選ぶか効果の確実性を選ぶかは人それぞれですが、後悔しないように色々な知識を身につけておくと良いでしょう。

脂肪注入法について

「このお腹にたっぷりついている脂肪が、胸に移動できればいいのに」と思った経験のある女性は、かなり多いのではないかと思います。体型に悩む女性の大きな注目を集めていると言われる、脂肪注入豊胸術とはどのようなものでしょうか。

脂肪注入豊胸術とは、自分自身の脂肪を吸引し、その脂肪細胞を胸部に注入する方法です。気になる部分の脂肪を採取して胸に移動できるため、痩身と豊胸を同時に行うことが可能です。胸の感触も、脂肪であるため不自然な硬さも凹凸感もなく、自然な仕上がりでレントゲンにも映らないため、他人に気づかれる心配が少ないと言われます。また、乳がん検診も通常通り受けられるのも安心です。大阪で豊胸をした友人はこの脂肪注入豊胸術を受けたようで、今のところ仕上がりに満足しているようです。

医師胸に脂肪を注入する際は、注射器を使うので傷跡は残りにくいですが、脂肪を吸引した部分は、術後に内出血や腫れを伴う可能性があります。また、注入した脂肪が全てバストに定着するわけではありません。定着率には個人差がありますが、血液から酸素や栄養が行き届かなかった脂肪は時間をかけて体内へと吸収され、その分バストは小さくなります。肌質や生活習慣、または施術の方法によっても定着率が変化すると言われているので、カウンセリングの際に医師とよく話し合いましょう

豊胸術にも様々な種類がありますが、その方の体質や理想のバスト像によっても適した方法は異なってきます。自分に合った方法を見極めるために、信頼できる美容外科を選びましょう。

豊胸術の種類

豊胸術を受けてみようと思った時に一番心配な点は、まず「胸に何を入れて大きくするのか」、そして「安全面は大丈夫なのか」ということではないでしょうか。このサイトでは、いくつかの豊胸術の種類と施術法をご紹介いたします。それぞれの特徴を知り、比較検討してみましょう。

まず、人工乳房と言われる、生理食塩水もしくはシリコンでできたバッグを挿入する方法があります。生理食塩水バッグの特徴は、安全性の高さです。生理食塩水は人体に無害のため、万が一破損しても体内に吸収され、尿として排出されます。その場合は胸の大きさが元に戻ってしまいます。シリコンバッグは生理食塩水と比べて、柔らかく自然な胸の感触を感じることができる点が特徴です。使用されるシリコンは、破損しても体内に流れ出る心配がなく、形状を保てるように工夫されているものが多いです。ただ、バックが破損した場合は周辺の組織が石灰化しやすいというリスクもあります。

バスト次に、ヒアルロン酸を注入する豊胸術があります。注射器で挿入するので傷跡が少なく、すぐに仕事などに復帰できます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質なので、安全性にも優れています。ただ、ヒアルロン酸は体内に吸収分解されてしまうため、効果の永続性はありません。

この他に、脂肪注入法という方法があります。気になる部分の脂肪を吸引して胸に移動させるという、体型に悩む女性にとっては嬉しい効果を持つ豊胸術ですが、施術方法や特徴については別のページで解説いたします。

美しく豊満なバストに憧れる方は多いと思いますが、このサイトを参考にして、自分に合った方法を是非見つけていただきたいと思います。